2017年4月

皆さまこんにちは!

 

満開だった桜も散り、いよいよ本格的に暖かくなってきましたね♪

 

 

岐阜都ホテルロビーでは、五月の装いで皆様をお出迎えしております。

 

ロビーに入るとまず目に飛び込んでくるのが、

ひと際大きな「鯉のぼり」です。

 

2                   

鵜舟をイメージして造られた照明と相まって、

本当に川を泳いでいるようですね♪

この鯉のぼりは、1977年に「岐阜県重要無形文化財」に指定された

『郡上本染(ぐじょうほんぞめ)』という藍染めを中心とする郡上八幡特産の染物です。

 

皆さまはテレビ等で、こんな光景を

ご覧になったことがあるのではないでしょうか。

4

 

吉田川で行われるこの「鯉のぼりの寒ざらし」という行事は、

“カチン染め”で染め上げた図柄の糊を洗い落しながら

冷たい川の水にさらすことで生地を引き締め、

色彩を鮮やかにするための技法です。

 

 

現在この「郡上本染」の伝統技術を継承しているのは、

郡上八幡にある「渡辺染物店」というお店一軒のみです。

 

興味のある方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか♪

 

≪渡辺染物店≫

住所:岐阜県郡上市八幡町島谷737

TEL:0575-65-3959

ホームページ:http://www.gujozome.jp

 

 

 

続いて鯉のぼりの下に目を向けると、

勇壮で力強い「五月人形」が飾られています。

 

Photo  

この五月人形は“鎧飾り”という種類のもので、

ご長男に贈るものとして最も良いとされています。

 

その他にも五月人形には、

“端午飾り”“三段飾り”“草木染め”“兜飾り”など

とてもたくさんの種類があります。

 

 

岐阜県本巣市にある「美術の森」では、

5月中『五月人形 大特選会』が開催されています。

Photo_2

 

今年の目玉商品として、

岐阜県で最も馴染みのある武将“織田信長”の入城450年を記念し、

鎧に身を包んだ武将像がご用意されています。

5

当時の岐阜城を詳細に表現した特別な掛け軸と組み合わせた

他にはない、美術の森だけの逸品です。

 

その他にも“上杉謙信”や“伊達正宗”など、

戦国時代を生き抜いた名将たちの鎧・兜もご覧いただけます。

 

Photo_3

お子様を守る役割をもつ五月人形だからこそ、

選び抜かれたものをお買い求められてはいかがでしょうか。

 

≪美術の森≫

 株式会社偕拓堂ギャラリー

住所:岐阜県本巣市宗慶557-1

TEL:058-323-8018

営業時間:午前10時~午後6時

定休日:毎週水曜日

ホームページ:http://kaitakudo.co.jp

 

以上、客室部フロント

小林でした♪

岐阜都ホテル

〒502-0817
岐阜県岐阜市長良福光2695-2(岐阜)

TEL : 058-295-3100
FAX : 058-295-3200

清流長良川のほとり、名古屋からわずか約40分、岐阜城や金華山など風情ある美濃の旅をお楽しみいただけるほか、国際会議場などのコンベンション施設に隣接し、飛騨牛が堪能できる「鉄板焼」やフィットネスクラブなどの充実した施設が安らぎのひとときを演出いたします。

最近の記事
カテゴリー

都ホテルズ&リゾーツ チェーンWebサイト一覧